2018年09月24日

大径木の抜根と整地作業

天気予報で晴れの日が現れましたので急遽メンバーに集まっていただき作業を続けました。

土場予定地の中央部は低い谷地になっているので腐葉土の堆積と湧水があります。

そこで、山側から排水用に地下排水として粗朶を埋め込んだ暗渠排水溝を設置しました。

排水先には腐食丸太を敷いて土砂崩れを防止しています。

さらに大径木の抜根跡の穴には根株を埋め込んで地下水槽と不要根の処分を同時に行いました。

重機プロの卓越したテクニックで抜根も無事完了!何事も無かった様な広場が出来上がりました。

作業も中盤を通り過ぎたようです。

心強いメンバーが集まりました。

地下排水溝の暗渠に枝葉や短材を詰めています。

自分で伐倒した根は最後まで処理に責任を持ってかかりましょう。
切りっぱなしはダメです!
大径木の根っこ!

この時の根っこです。  大きいですね!

 

ずいぶん深くまで根が張っています。

やっと掘り出せました! メンバーのウデに感動です。

掘り出した穴をさらに掘り下げて根っこを埋めます。
ついでに他の根っこも同時に埋設。

後を地ならしして完了。
まったく何もなかったかのような広場が出来上がりました、スバラシイです!

posted by 森林整備自主研究ラボ at 11:14| Comment(0) | 三助山土場整備