2018年09月01日

伐倒と林内整備をしました

9月1日 土曜日 8名のメンバーが参加して活動しました。

作業は林地の土場に予定した範囲の立ち木伐採とその整理です。

大径木が何本もあるのでウデ試しの希望者がそれぞれ伐倒してすすめました。

いつものことですが、倒すのは一瞬でも枝払い、玉切り片付け搬出整理は手間のかかる作業です。

大径木は腐れも少なく、2番玉まで丁寧にバックホウで搬出して整理したところ、その途中で玉切り丸太を斜面から引き出した際にバックホウのクローラーが外れかかり作業は一旦停止。

メンバーの用意したウインチ、バール当の機材を活用してなんとか無事復帰し、事なきを得ました。

突然のアクシデントでも冷静に解決した心強いメンバーに感謝して今日の作業は終了としました。

次回も林内の整備と土場の造成を進めます。

 

士気の高いメンバーが集合しました。

 

各自が大径木を倒していきます。

 

伐倒木の枝払いで林業の大変さを実感しながらの作業です。

 

中にはヒノキ(サワラ?)の良木もありました。

 

紫波方面のメンバーも初参加、大径木に挑戦しました。

 

無事伐倒完了です。

 

自分達で倒した木がベンチ代わりの昼休み。

 

今日は涼しく気持ちよい汗をかくことができました。

 

バックホウのゴムクローラーが外れかかっています。

 

側で見ているほうが疲れるような緊迫感のなか無事復帰しました。
メンバーの技量に感謝。

posted by 森林整備自主研究ラボ at 16:36| Comment(0) | 三助山土場整備
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: